top of page

結婚式は準備が命!事前にやっておくべきこと20選!

結婚式ムービーならエターナルムービーウエディングムービーブログ 〉結婚式は準備が命!事前にやっておくべきこと20選!

後悔のない結婚式にするためには、徹底的に準備を行うことが大切です。

とはいえ、結婚式はやるべきことが非常に多く、

「どんな準備が必要なの?」

という疑問を抱えてしまっている方もたくさんいるでしょう。


そこでこの記事では、結婚式を成功させるためにやっておくべき準備について詳しく解説していきます。


 

結婚式は準備が命!その理由は?


まずは、結婚式は準備が命と言われている理由について詳しく見ていきましょう。



一生に一度だから


結婚式は、多くの方にとって一生に一度です。

もちろん、中には諸事情によって複数回結婚式をする方もいますが、最初から複数回結婚式を挙げることを想定している方はいません。

自分が生きているうちに一回しか行わないものですから、後悔のない結婚式にしたいですよね。


後悔のない結婚式にするためにも、時間をかけて慎重に準備を進めていく必要があるのです。



やることがたくさんあるから


結婚式を挙げる際は、やるべきことがとにかくたくさんあります。

具体的な内容については後ほど解説しますが、数えきれないほどの準備が必要になり、中には準備に時間がかかるものもありますので、早めに取り掛からなければなりません。


ギリギリになってから準備を始めてしまうと、結婚式に間に合わなくなってしまってしまう可能性が高くなりますので注意が必要です。


 

思い出に残る結婚式にするためにやっておくべきこと20選!


では次に、思い出に残る結婚式にするためにやっておくべきことを20個紹介していきます。

数はかなり多いですが、どれも後悔のない結婚式にするうえでかなり重要なポイントとなりますので、是非最後までしっかりと確認してみてください。



結婚式についての話し合い


後悔のない結婚式にするためには、事前に新郎新婦でしっかりと結婚式に関する話し合いをしておくことが大切です。

例えば、

・式場のタイプ

・結婚式を挙げる場所

・招待するゲストの人数

・演出

・日取り

などについてしっかりと話し合っておかないと、喧嘩になったり、イメージ通りの結婚式を挙げられなくなってしまったりする可能性が高くなりますので注意しましょう。



ブライダルフェアへの参加


結婚式を行う際は、ブライダルフェアに参加することが大切です。

ブライダルフェアというのは、結婚式場の下見会、見学会のようなものであり、ブライダルフェアに参加することによって、式場の特徴や料金などを把握できるようになります。


また、ブライダルフェアに参加したカップル限定の割引や特典が付いてくるケースもありますので、必ず参加するようにしましょう。



ゲストの人数、招待するゲストを決める


結婚式場の候補がある程度決まってきた段階で、ゲストの人数や招待するゲストを決めていきましょう。

中には、

「そんなに急いで決める必要ってあるの?」

という疑問を持つ方もいると思いますが、結婚式の費用というのは招待するゲストの人数で大きく異なります。


また、結婚式場は収容人数が決まっているため、ゲストの人数がはっきりしないことには式場選びを行うことができないのです。


結婚式の準備をスムーズに進めるためにも、できるだけ早めにゲストの人数を確定させましょう。



式場と日取りを決める


式場と日取りを確定させないことには、それ以降の準備に取り掛かれません。

先ほども解説したように、結婚式場は全国にたくさんありますし、それぞれで特徴や料金が大きく異なりますので、二人でしっかりと話し合いを行いながら決めていくようにしましょう。

どちらかが納得していない状態で式場を決めてしまうと、後悔する可能性が高くなりますので注意が必要です。


また、結婚式の費用というのは、日取りによって大きく変わります。

例えば、

・気候が安定している季節

・連休

・友引

などは費用が高くなる傾向にあります。


日取りについては、二人のスケジュールやゲストのスケジュール、それから予算などを考慮しながら決めていく必要があるため、一概に「この日がおすすめ」と断言することはできませんが、適当に決めると後悔しますので慎重に考えるようにしましょう。



ゲストに連絡を入れる


結婚式場が決まったら、招待するゲストに連絡を入れます。

この段階ではまだ招待状は送らず、電話やメール、口頭で伝えます。

ゲストもスケジュールを抑えなければなりませんので、できるだけ早めに連絡を入れるようにしましょう



式場との打ち合わせ開始


式場と日取りが決まったら、式場(プランナー)と打ち合わせを開始します。

式場を決めた段階で、今後の大まかな流れや打ち合わせの日程などの説明がありますので、事前に確認しておきましょう。


式場との打ち合わせは、後悔のない結婚式にするうえで物凄く重要になりますので、時間をかけて慎重に行うようにしてください。

わからないことや不安なことがある場合は、後回しにせずに、すぐプランナーに相談することをおすすめします。



指輪の購入


結婚指輪の購入についても、できるだけ早めに行わなければなりません。

なぜなら、結婚指輪は結婚式で使用するからです。

多くの方は、プロポーズの段階、あるいは双方の両親への挨拶が終わった段階、もしくは入籍した段階で結婚指輪を購入すると思いますが、中には諸事情で結婚指輪の購入が遅れてしまう方もいます。


結婚指輪の購入タイミングについては特に決まりがありませんので、基本的には二人のタイミングで購入すればよいのですが、購入後すぐに持ち帰れるものではありませんので、早めに手配しておくことをおすすめします。



衣装決め


結婚式と言えば、ドレスですよね。

ただ、ドレスにもたくさんの種類があり、それぞれを試着しながら決めていくことになりますので、かなり時間がかかります。

1日で試着できるドレスは大体3着から4着ほどになりますので、決定までに1か月近くの時間がかかってしまうこともあるのです。


衣装選びで妥協をすると後悔しますので、時間をかけて行うべきなのですが、ギリギリになってから衣装選びを行うと間に合わなくなりますので、できるだけ早く衣装探しを行うようにしましょう。



ブライダルエステ


結婚式は男性にとっても大きなイベントですが、女性にとってはさらに重要なイベントです。

せっかく結婚式をするのですから、自分が持つポテンシャルを最大限に引き出し、最高のコンディションで挑みたいですよね。


そのためには、ブライダルエステに通うのがおすすめです。

ブライダルエステでは、

・痩身

・脱毛

・ホワイトニング

などを行ってもらえますので、最高のコンディションに近づけやすくなります。


ただ、ブライダルエステに1回言ったくらいではほとんど変わらず、複数回通う必要がありますので、早めに予約をするようにしましょう。



演出やプログラムの打ち合わせ


満足の行く結婚式にするためには、演出やプログラムについてプランナーとしっかり打ち合わせをしておくことが大切です。

それぞれに、

「こんな演出をしたい」

「こんな結婚式にしたい」

というこだわりや希望があると思いますので、事前にプランナーに希望や理想をしっかり伝えておきましょう。



招待状の作成と送付


結婚式の準備がある程度進んだら、ゲストに招待状を送ります。

招待状の作成方法は、

・自作

・式場のものを利用する

など複数の方法がありますので、二人でしっかりと話っておきましょう。


また、招待状は郵送で送るのが一般的ですので、相手の住所が必要になります。

土壇場になってから確認すると、発送が遅れてしまいますので、できるだけ早い段階で聞いておくことをおすすめします。



遠方ゲストの宿泊先を考える


結婚式を挙げる際は、ゲストへの配慮も忘れてはいけません。

特に遠方から自分たちのためにわざわざ来てくれるゲストに対しては、最大限の配慮や気遣いが必要です。

・宿泊先はどうするのか

・式場までの交通手段はどうするのか

ということについて、事前に確認しておくようにしましょう。



二次会の会場や幹事を決める


結婚式の二次会の会場や幹事決めなども、早めに行いましょう。

二次会は、結婚式場とは違い、結婚式の日時に合わせる必要がありますので、早い段階で準備を進めていかなければなりません。


ギリギリになってから準備を進めると、

・幹事になってくれる人がいない

・会場が見つからない

というトラブルが発生しやすくなりますので注意してください。



余興の依頼


結婚式での余興を希望しているのであれば、できるだけ早めに依頼しておきましょう。

特に、複数人での余興を依頼する場合、ゲストがタイミングを合わせて集合し、練習や打ち合わせを行う必要がありますので、早い段階で相談しておかなければなりません。


また、

・乾杯の音頭

・友人代表スピーチ

・受付

などについても、この段階でお願いしておくことをおすすめします。



料理やドリンクのコースを決める


華やかな結婚式にするためには、料理やドリンクのチョイスが物凄く重要になってきます。

料理やドリンクにかかる費用をケチると、ゲストにネガティブなイメージを与える可能性が高くなりますので注意してください。


また、ゲストに小さい子どもがいる場合や、高齢の方がいる場合は、事前に式場側に伝えておくことが大切です。



会場の装飾やブーケの準備


会場の装飾も結婚式の雰囲気を左右する重要な要素です。

考えるべきことがたくさんありますので悩んでしまいがちなポイントではありますが、過去の事例やネットに掲載されている画像などを参考にしながら、自分たちにぴったりの装飾を考えていきましょう。


また、ブーケの準備についても早めに行っておくことが大切です。

ブーケについては式場でも用意してくれますが、自作することも可能ですので、好きな方法で用意しましょう。



引き出物を決める


結婚式の準備で意外と忘れがちなのが、引き出物です。

引き出物についてはネットで購入することもできますし、式場で頼むこともできます。


一人当たりの相場は3,000円から6,000円前後となりますので、二人相談しながら決めていきましょう。



ムービーを制作する


盛り上がる結婚式、感動する結婚式にするためには、ムービーの制作を行うのがおすすめです。

結婚式で使用するムービーには、

・オープニングムービー

・プロフィールムービー

・エンディングムービー

などがあります。


それぞれのムービーは自作することもできますが、よりクオリティの高いムービーを制作したい場合はプロに依頼するのがおすすめです。

とはいえ、映像制作を行っている会社や動画編集請け負ってくれる会社はたくさんありますので、

「どこに依頼すればいいの?」

となってしまいますよね。


そのような方は、結婚式ムービーの制作実績が豊富な「エターナルムービー」までお気軽にご相談ください。



司会者との打ち合わせ


自分たちの結婚式を担当してくれる司会者との打ち合わせも忘れてはいけません。

司会者との打ち合わせでは、

・2人のプロフィールや馴れ初め

・式のイメージ

・紹介してほしいこと、してほしくないこと

・当日の流れ

・名前の読み方

などを確認していきます。


この打ち合わせを疎かにしてしまうと、当日になって思わぬハプニングが起こる可能性が高くなりますので注意が必要です。



お車代やお礼を用意する


遠方から来てくれたゲストや、余興、受付をしてくれたゲストには、お車代やお礼を用意するのが一般的です。

お車代やお礼を封筒に入れる作業については、ギリギリになってからでも問題ありませんが、役割を任せているゲストが多い場合はある程度高額な費用がかかってきますので、事前にお渡しする分のお金を準備しておきましょう。


 

まとめ


満足のいく結婚式にするためには、準備を徹底的に行うことが大切です。

今回紹介した準備はあくまでも代表的な準備であり、細かく見るともっとたくさんの準備が必要になります。


結婚式の準備を抜かりなく行うことによって、人生における重大イベントを成功させやすくなりますので、終わりの見えない作業や準備に疲れてしまうこともあると思いますが、慎重に準備を進めていきましょう。


中には、結婚式の準備を後回しにしたり、ギリギリになってから始めたりする方もいるのですが、これをやってしまうと結婚式当日に間に合わなくなったり、納得できていない状態で本番を迎えることになったりする可能性が高くなりますので注意してください。

bottom of page