2022年最新版!オープニングムービーおすすめ曲(BGM)まとめ

更新日:8月2日

結婚式ムービーエターナル > ブログ > 結婚式ムービー > オープニングムービー

結婚式オープニングムービーシンプル

こんにちは。結婚式ムービーのエターナルムービーです。


結婚式ムービーを制作する時に写真選びやコメント作りと同じくらいとっても大事なのがBGM選びです。使う楽曲によってムービーの印象まで変わってしまうこともあって、BGM選びは雰囲気作りという部分で大きな役割を担っています。


でも一概にBGMといっても膨大な量の中から選ぶのは本当に大変ですよね。


そこで今回は、実際にオープニングムービーを多数制作してきた経験をもとに、エターナルムービーの構成担当下野が「オープニングにぴったりな楽曲」や「新郎新婦様に今人気な曲」を厳選しご紹介します。今回紹介する楽曲はISUM(アイサム)に登録されている楽曲の中から厳選しているので、お気に入りの曲が見つかり次第、すぐにオープニングムービーに使うことが出来ますよ♪


結婚式準備の時短やおふたりのイメージにぴったりなオープニングムービーにできるよう、ぜひBGM選びの参考にしてみてください。



[PR]おしゃれなオープニングムービーなら「結婚式ムービーエターナル」


▽結婚式ムービーエターナルホームページ

https://www.liferom.wedding


スマホで簡単お申込み・準備可能で今なら全商品1万円引きの限定価格!

格安で高品質な結婚式ムービー制作ならエターナルにお任せください♪

オープニングムービーで大人気の結婚式ムービーエターナル


2022年最新版オープニングムービーおすすめ楽曲


♪ フィクション / sumika

TVアニメ版「オタクに恋は難しい」のオープニング曲として使用された曲。

 

心踊るアップテンポのイントロからつながっていくメロディーで、新郎新婦様おふたりのワクワクを見てださるゲストの方々にも伝えることができそうです。

 

より楽しくリラックスした気持ちでオープニングムービーを見てもらえて、披露宴の出だしとしてもぴったりの曲です。



♪ I LOVE… / Official髭男dism

結婚式で1曲は使いたいと希望する新郎新婦様多数。男女問わず大人気のOfficial髭男dism。


話題沸騰したドラマ『恋はつづくよどこまでも』の主題歌として使用された曲。


弾けるようなサビがオープニングムービーをドラマティックな印象に仕上げてくれることでしょう。


派手過ぎずしっとりもし過ぎていないので、どんなお写真にも合わせやすい曲となっています。



♪ 虹 / 菅田 将暉

映画「STAND BY ME ドラえもん 2」の主題歌として制作された曲。


映画の内容が結婚式をテーマとしていたため、家族や恋人・友人への大切さを綴ったウエディングバラードとなっています。

 

制作から携わり、歌唱を務めた菅田将暉さんご自身も結婚を発表し、日本中から祝福されました。


この曲に込められた思いが、どれほど強く確かなものなのかが改めて広く認識されたことで、さらに人気に拍車がかかっています。



♪ Take a picture / NiziU

「コカ・コーラ」の『この瞬間が、私。』編のCMソングに起用されている曲。


楽曲中に何度も入っているシャッター音や、「焼き付けるよ」、「一瞬一瞬を祝うよ」などの歌詞はまさに結婚式ムービーにぴったりです。


元気一杯のこの曲は、明るくHAPPYな雰囲気のオープニングムービーを作りたい新郎新婦様にうってつけの曲となっています。





♪ もう少しだけ / YOASOBI

朝の情報番組「めざましテレビ」の2021年度のテーマソングとして起用された曲。


優しさや思いやりの連鎖が表現されていて、楽曲の雰囲気も歌声もとても温かく感じられます。


聴く人をほっこりさせ、聞いた人が「人に優しくしたくなる」や「勇気や元気をもらえる」など癒される曲としても人気となっています。


小さな優しさを分け合うことで普段の日常が素敵になっていく、といった内容の歌詞も、新たな人生を歩み始めるおふたりの気持ちとマッチするのではないでしょうか。



♪ Promise / 平井 大

ここ数年、結婚式ムービーに使用する楽曲として、新郎新婦様に人気急上昇中の平井大さん。


愛しい想いをストレートな歌詞で表現していて、「大切な人と一緒に聴きたい」との声多数のウエディングソングです。


普段は照れ臭くなってしまうような言葉が多く散りばめられていますが、爽やかなサウンドと柔らかい歌声がスッと心に響いてきます。


結婚式にこの曲を使う新郎新婦様はまだこの先も増え続けそうですので、チェックしておいて損はない一曲となっています。